輸入住宅の魅力の一つとしてあげられるのが天井の高さです

輸入住宅について

フルーツがおいてある部屋

輸入住宅とは、海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅を指します。日本の場合では、部材の輸入先は北米や北欧が多いです。輸入住宅のメリットは、3つあります。
1つ目は、断熱性・気密性が高いことです。夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができ、一年中快適に過ごすことができます。
2つ目は、耐震機能に優れています。日本は、地震大国なので耐震性の住宅を選ぶことは必須なのではないかと思います。輸入住宅の中には非常に耐震性能が優れている「2×4工法」と呼ばれるものが取り入れられていることが多いです。輸入住宅を選ぶ際には、この「2×4工法」のものに着目して選んでいただきたいです。
3つ目は、デザイン性が高いことです。輸入住宅は、全体の構造だけでなく壁や窓などの内装にもこだわっており、素敵な住宅が多いです。北欧住宅スタイル、北米住宅スタイル、ログハウススタイルなどの色々なスタイルの住宅があります。
日本は技術大国とよく言われていますが、住宅に関しましては日本の技術は、海外よりも劣っていると言われております。人によっては、『日本の住宅は犬小屋みたいだ』という方もいるそうです。住宅の購入を検討されている方は、日本のメーカーだけでなく、輸入住宅にも目を向けてみると、ぐっと選択肢が増え、面白いかと思います。ぜひ、輸入住宅を選択肢の一つとして、考えてみてはいかがでしょうか。

PICK UP

リビング

輸入住宅のシャンデリアに纏わる詳細知識

輸入住宅のシャンデリアの中でも、最も人気が高いクラシックスタイルの製品だと、コンパクトに加工されてる種類でも、全長が約50センチあり、大きいタイプだと軽く1メートルを超えています。※更にチェーンの長さも、この部分へと付け加えられます。シャンデリアを取り付ける際では、まず製品の1番下部の部品から…

More
ピアノのある部屋

輸入住宅のシステムキッチンについて

専門メーカーが製造している部材と上手く組合わせて作る。輸入住宅をオーダーする際に、外国メーカーが開発しているシステムキッチンを、もし取り付けるのであれば、日本のメーカー側が作っているシステムキッチンと、異なる部分がある事を輸入住宅を建てる前に予めきちんと把握しておいて下さい。大きな違いは、日本…

More