輸入住宅の魅力の一つとしてあげられるのが天井の高さです

RECENT ENTRY

輸入住宅について

フルーツがおいてある部屋

輸入住宅の照明器具について

きれいな寝室

輸入住宅の天井高と間取り

自分の理想を十分に反映させた輸入住宅を建てるならこちら「ブルースホーム」がお勧め!


輸入住宅の魅力の一つとしてあげられるのが天井の高さです。一般的な日本の木造住宅は、天井高が2400mmですが、輸入住宅は天井高が2600~2700mmのものが多いです。たかが数十センチの差と思う方もいらっしゃるでしょうが、この数十センチの差はモデルルームなどで実感するとよくわかりますが、ゆったりとした空間を演出してくれ、部屋全体が広く感じられます。
開放感があり、ゆとりある空間は、自宅でのんびりくつろげる一因になりますよね。吹き抜けを作るのも素敵ですが、元々の天井高が高ければ、吹き抜けがなくても圧迫感が少ないので、くつろぎやすいのではないかと思います。その他の魅力としては、輸入住宅で一般的な2×4や2×6構造ですと間取りが広くとれるので、憧れの広々リビングも夢ではありません。
しかしその反面、間取りを変更するリフォームや、増改築は難しくなります。建てる時に将来の事をしっかり考えて、自分たちにとって何十年たっても使いやすい間取りにしたいですね。輸入住宅は従来の日本の木造住宅と工法が異なるため、わからない部分がある方も多いかもしれません。輸入住宅のメリットやデメリットを把握して、素敵なお家を建てましょう。

輸入住宅のキッチンの基礎知識

輸入住宅へと頻繁に使用されているキッチンとは?輸入住宅の人気のキッチンとして挙げられるのは、木製キャビネット製品でございます。北米タイプの輸入住宅などでよく見掛ける事があり、その大半はアメリカのメーカー側が作っている製品です。木製キャビネット製品のデザインとは、シンプルでナチュラルなキッチンから、クラシカルな印象が凄く強いキッチンに至るまで、色んな種類の魅力的なものなどが数多く製造されています。
これらのどちらの製品にも共通する部分は、丸で熟練した職人が丁寧に組み立てたような感じがする、個性的な雰囲気と、木が持つ独特の温もりなどを、はっきり感じる事が出来ると言う点にあります。主に木製キャビネット本体のドアや、吊り戸棚などへと施されている、立体的な装飾などが最も適しております。扉の面材へと使われている木材には、オーク・チェリー・パイン材・メープルなどが殆どであります。
上記以外にも木製ドアの表面自体を塗料を塗り付けて、完成されている製品や、万が一汚れが付着しても、直ぐに取り除けるように、特殊な樹脂シートを張り付けた、優れた製品などが開発されています。輸入住宅を台所の状態は、選択するキッチンによって、大きく左右されると言っても、決して大袈裟ではありません。

輸入住宅とは何か

輸入住宅というのをご存知でしょうか?あまり知られていないかも入れませんが新築住宅を建てたいと思った方なら聞いたこともある方もいると思います。最近では『輸入住宅』という建築が人気を集めています。
なんとなく海外で見るようなオシャレな住宅だろうというのはご想像がつくかもしれませんが、輸入住宅は設計、資材、景観とすべてを海外から取り入れた住宅のことで、景観だけを海外住宅のようにするだけではないというのがポイントです。
日本にない生活習慣などから考えられた設計と各国独自の建築資材を利用することで、景観はもちろんですが内装もあっと驚くような個性的な住宅を建てることが出来ます。住宅展示場を見て回ったけどみんな同じに見えてピンと来なかったという方も一度検討してみてはいかかでしょうか。自分では思いつかないようなアイディアが満載です。
また海外の建築ということで、土足生活になってしまうのかと心配されるかもしれませんがご心配いりません。日本人のライフスタイルを変えないように設計をすることが一般的になっていますので、玄関に段差がついています。畳の部屋を作るということも出来ますので、海外のいいところを大きく取り入れた日本の家を建てられるのが輸入住宅です。

自身にも耐えられる輸入住宅

輸入住宅のメリットとして挙げられる点として、まず「デザインが可愛い点」です。輸入住宅の一番の良さは外観の美しさです。アメリカンスタイルやスウェーデンスタイル、ヨーロッパスタイルの中には地中海地方の家をイメージしたプロヴァンス風など誰しも一度は憧れたことのある家を手に入れられます。そして「地震の揺れを感じにくい」のもメリットとして挙げられます。従来の日本の住宅は基礎組によって家を支えるタイプのため、地震が起こった時は基礎組が揺れを分散させる役割を持ちます。
輸入住宅が主に取り入れている工法は壁が地震の揺れを分散させるので地震の揺れを感じにくいと言われています。一方、輸入住宅のデメリットとして挙げられるのは「メンテナンスが大変」という点です。身近にいる大工さんや業者さんが輸入住宅に詳しいとは限らないので、輸入住宅のリフォームを考えた時に、建築をお願いしていた業者がなくなってしまった場合には対応してくれる業者を探し直さなくてはいけなくなってしまいます。
そして「家に合うインテリアを探すのが大変」という点もデメリットとして挙げられます。外観に合った家具を揃えようとすると、どうしても価格が高くなってしまい、暮らしを圧迫してしまうことも考えられます。輸入住宅は日本に定着してから間もないので、長く住み続けることでどういった問題点が発生するのかまだまだ分かっていない部分が多いのが現実です。

PICK UP

リビング

輸入住宅のシャンデリアに纏わる詳細知識

輸入住宅のシャンデリアの中でも、最も人気が高いクラシックスタイルの製品だと、コンパクトに加工されてる種類でも、全長が約50センチあり、大きいタイプだと軽く1メートルを超えています。※更にチェーンの長さも、この部分へと付け加えられます。シャンデリアを取り付ける際では、まず製品の1番下部の部品から…

More
ピアノのある部屋

輸入住宅のシステムキッチンについて

専門メーカーが製造している部材と上手く組合わせて作る。輸入住宅をオーダーする際に、外国メーカーが開発しているシステムキッチンを、もし取り付けるのであれば、日本のメーカー側が作っているシステムキッチンと、異なる部分がある事を輸入住宅を建てる前に予めきちんと把握しておいて下さい。大きな違いは、日本…

More